2017年2月23日 (木)

2月23日

 

産業機器などを生産する府中事業所(東京都府中市)での話。

 

--------------------------------

嘆く東芝従業員 1年で年収200万円減も…〈AERA〉

  
上野さんは早期退職を蹴った。切実な理由があるからだ。

「製造現場の給与は安い。残業代なしなら、50代後半でようやく400万円に届く程度。私の最高年収は459万円だ。基本給が安く設定されているため、たとえ40カ月分の加算金があっても、退職する道は選べない」

--------------------------------

 

鈴木も↑の記事と同じ製造業にお勤め。

 

東芝ほどの大会社でもこんな給与形態なんですね。

じゃあ零細のウチなんてこんなもんかー

 

 

って励まされた(`・∞・´)

 

そういう内容の記事じゃないと思うけど。

 

 

2017年2月19日 (日)

2月19日

 
 
ちょっと聞きこんでみた。
 
-------------------------
 
 
・夜2時ごろ。フロア北側にある自動ドアが勝手に開いたのを見たことがある(鈴木・談)
 
・夜1時ごろ。北側フロアの1階から2階に上がる階段を歩いていると後ろから足音が。
 おかしーなー もう社内、俺一人なのに(従業員A・談)
 
・夜1時ごろ北側フロアにあるトイレの”個室”に入っていると、急に小便用のトイレがジャーって流れた。あれ?俺以外誰もいないのに?(従業員B・談)
 
・北側フロアにある倉庫で商品整理中、電源すら入っていない放置PCのキーボードがカチカチ鳴った。(従業員C・談)
 
 
--------------------------
 
 
憑いてるっ!(lll゚Д゚)
 
 
 

2017年2月15日 (水)

2月15日

 

1万人に発送をするお仕事を頂戴しました。

1万人分の宅急便ラベルを鈴木が用意し、他の部署で発送物を用意。

お客様指定の宅急便業者にモノを渡して終了。

 

 

で、

 

 

昨日、『話がある』とお客様に呼ばれて行ってきたのです。

 

内容は”4件ばかり誤配があった”ですって。

ラベルの宛先は間違えていません。

配送員の単純な間違い。

 

でも鈴木が悪いそうです。

>各お客様に無事に届くところまで管理するのが鈴木の仕事だから。

とのこと。

 

 

原因と対策って申されましてもー

 

何が何だかわかりません(@w@; 

 

休日出勤してまでガンバったんだけどなー

 

 

 

今日もよく晴れていますね(遠い目

 

 

 

 

大企業の部長様に呼ばれてお話をしてきました。

2017年2月 5日 (日)

2月6日

 
記事書きかけでUPしちゃったYO!
 
恥ずかしい。。。
 
 
----------------
 
 
 
先週末、1年ぶりに旅行に行ってまいりました。
 
 
行先は千葉県。
房総半島の先である館山市。
 
 
アトカというペンション様ですが。
 
 
 
 
 
 
 
 
ネコまみれな一晩。
 
 
 
最高でした。(娘様は
 
 
20160206_01_2


夕飯を食べながら猫をいじり
 
 
 
部屋に猫をお持ち帰りして
 
 
20160206_02


一緒にご就寝。
 
 
びっくりした。
 
夜中にすごいイビキで目が覚めて、みたら横に猫がニャー!って寝ているわけですよ。
 
ひたすら猫まみれ。
 
 
旅先でも寝返りがうてないで寝る状況。
(家では娘様の寝相が悪くて寝返りをうつとぶつかる)
 
 
久々にもう一回いってもいいかなー と思える宿でした。
 
 
オープンしてから半年。
 
そろそろテレビとか取材がきそう。この宿。
 
 
 
 
(追記)
 
そうなの?
ない県があったとはしらなんだ

 
 

2017年2月 1日 (水)

2月1日

  
  
自分のPCからブログにアクセスできない!!
  
  
なぜだ?
   
  
そんなわけで久々更新。すみません(会社から更新してます)
  

↓ネットで見たニュースから
  
  
-----------------------------

年金支給「70歳から」に? ターゲットは団塊ジュニア世代

デイリー新潮 2017 1/24(火) 8:00配信

経済アナリストの森永卓郎氏が言う。

厚労省は、実は年金の支給年齢を70歳にしようとしています。

厚労省は3年に1歳ずつ引き上げて70歳に近づけようとしており、このペースでいくと、2045年度には支給開始年齢が完全に70歳となります」

 そんな日常と、いかに折り合えばよいというのか。

60歳で定年を迎えてパートタイマーとして週3日とか、フルタイムでなく数時間とか、勤務を短縮する形でそれまでの給料の半分、あるいは3分の1程度を貰う。そんなスタイルが大多数を占めることになるでしょう」

 つまりは、働きながら年金程度の額しか手にできない暮らしが10年ほど続くというわけだ。で、

「収入が3分の1になるかも知れないのだから、まずは生活コストを下げることです。昭和35年の実質賃金は現在の5分の1でしたが、何とかやっていけました。ローンを抱えていない夫婦なら、月に10万円あれば食べていける。『高齢者層』に入る前に、こうした術を身につけておくべきです」(同)

-----------------------------
   
   
   
日本国憲法27条に
  
すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
  
ってのがある らしい から働くことは必要だと思うのです。
  
  
働く=金銭を得る ってことだけじゃないと思いますけど。
例えば、近所の子供たちの面倒を無償で見るとか。
  
  
ただ、全員が全員そんな生活をしないと賄えない社会保障制度ってどーなんだ?とは思う。
  
  
老人ホームに行くと、食堂とか自室のベットの上でみんなガチャガチャの組み立てをしている。
  
そんな光景を見る国になるんでしょうかね?
  
  
  
そんな先行き不安な国じゃ誰もムダ使いもしない。
内需もどんどん冷え込んで万年不景気。負のスパイラル。
  
   
行く末を明るく考えれる世の中にならんものか と。

«1月23日